毒男日記

本当に面白いと思ったコンテンツをそれとなくご紹介

ニュートンと林檎の樹

 昨今、歴史上の偉人を女体化、主人公とキャッキャウフフさせるタイプのメディア作品は沢山ございます。ただ、その大半は些か強引というか、直球勝負というか、真っ向から女体化を図った作品となります。

 史実の姿はどうあれ、兎にも角にも女体化です。

 かれこれ十数年、その手の作品に触れ続けてきたオタクとしては、流石に食傷気味でございます。織田信長だけでも、片手に数え切れないほどの女体化バリエーションが、世の中には存在しております。

 ということで、既に近年のメディア作品においては、歴史上の偉人を女体化することそのものが、作品としての売りになるという時代ではなくなっております。むしろ場合によっては、マイナスに働くこともあります。

 そうしたなかで、素直に楽しめる偉人女体化エロゲが、こちらです。


f:id:poison2elixir:20170529130725j:plain


 金髪ロリータ可愛いです。

 めっちゃ可愛いです。

 ちなみに極上のツンデレです。

 タイトルからも推測できるとおり、目を付けられた偉人は近代科学の父、アイザック・ニュートンです。こちらの金髪ロリータがニュートンであるか否かは、実際にゲームをプレイして、ご自身の目でご確認下さい。

 大味な女体化ゲーとは一味違った良さが、この作品にはございます。

 ただ、その理由はネタバレとなるため、ここでは控えさせていただきます。

 ちなみに本作はシナリオライターである緒乃ワサビ氏が企画、統括もかねており、尚且つ氏が大学の頃に先行していた、物理学という領域がテーマとなっております。だからこそでしょうか、物語には一本筋が通っており、そこに情熱が窺えます。

 シナリオを担当する方が、自らの人生を切り売りして作った作品というのは、マンガであろうと、ゲームであろうと、やはり面白いものになりますね。私はこちらの作品が、2017年を代表するエロゲとなるのではないかと考えています。

 本作は体験版も公開されているので、まずはそちらからプレイしてみるのが良いでしょう

 最後にゲームをプレイする際の注意点ですが、四五>ラビ>春>エミー>アリスの順番で攻略することを強くおすすめします。それぞれのルートで明かされる内容が、以降のルートにも微妙に関連しているためです。

 また、ラビルートは二度プレイしてください。これ絶対です。

 ラビ超かわいいです。